愛犬生活

年齢によって変わります!犬へのエサのあげ方

2匹の犬 ごはん  04-19-04

ワンちゃんへのエサのあげ方

「1日に、ワンちゃんにエサをあげる回数は、
何回だと思いますか?」

と、質問すると、
ワンちゃんを飼われたことがない方や、
これから飼おうと思われている方は、
人間とおなじく、「3回」と答えられる方が、
多いのではないでしょうか?

じつは、違うのです。

ということで、
今回は、エサの回数など、
「ワンちゃんへのエサのあげ方」がテーマです。

では、答えは何回なのか?
といいますと、
ワンちゃんの年齢によって異なります。

ワンちゃんも人間とおなじように、
母乳から離乳食になり、幼犬用ペットフード、
成犬用ペットフード、高齢犬用ペットフード、
と、その年齢によって、
あげるペットフードやあげ方が変わっていきます。

スポンサーリンク

では、具体的にどんな風にあげたらいいのか?

幼犬、成犬、高齢犬の順に、ご説明していきましょう。

こどものワンちゃんの場合

生後30日までは、赤ちゃん犬で、
母犬からおっぱいをもらって飲んでいますが、
30日ごろを境に、幼犬となります。

このころから、ワンちゃん用の離乳食を与えはじめ、
母犬から、乳ばなれさせていきます。

幼犬は、人間でいう成長期にあたるため、
もっとも栄養を必要としますので、
カルシウムやタンパク質を多くふくんだ、
幼犬用のペットフードを選んで、あげるようにしてあげてください。

あげる回数は、1日5回ぐらいに分けて、
ワンちゃんのおなかの具合や消化具合を考えながら、
すこしずつあげるようにしてあげてください。

ワンちゃんの成長、体重の増加に合わせて、
あげる量を、1週間に1割ぐらいずつ増やしていくと、
ちょうどよいと言われていますので、
それを参考にしながら、
ワンちゃんの成長をよく観察して、
適量あげることを心がけてあげてください。

おとなのワンちゃんの場合

次に、おとなのワンちゃん、成犬へのエサのあげ方です。

おとなのワンちゃんは、
朝と晩の2回、飼い主さんが時間を決め、
きちんと決まった時間をあげるようにしてあげてください。

毎回、きちんと決まった量あげることも大事です。

食事は生活の基本ですから、
食事がきちんと整えば、ワンちゃんの生活も整い、
ワンちゃんの健康を守ることができるのです。

スポンサーリンク

おとなのワンちゃんは、
成長、骨格の発達が止まりますので、
ワンちゃんがこどものときにあげていたような、
高カロリー、高栄養のペットフードをあげる必要はなくなります。

成犬用のペットフードに切り替えて、
おとなのワンちゃんがとるのにちょうどいい栄養量を、
あげるよう心がけてください。

きちんと切り替えずに、
こどものワンちゃんのときにようにあげつづけると、
肥満犬になって、ワンちゃんの健康に支障をきたすので、
注意してくださいね。

お年を召したワンちゃんの場合

次に、高齢犬、お年を召したワンちゃんへのエサのあげ方です。

お年を召したワンちゃんもおとなのワンちゃんとおなじく、
1日2回エサをあげてください。

ただし、ワンちゃんもお年を召してくると、
人間とおなじように、歯やアゴが衰えてきますので、
ワンちゃんがエサを食べる様子によく気をくばってあげて、
食べにくいようであれば、食べやすい大きさに切ってあげるなど、

気をくばるようにしてあげてください。

お年を召して、食べる量が減ったのかな、と思ったけれど、
歯やアゴが弱って、食べたくても、食べられないワンちゃんも、
少なくないからです。

お年を召したワンちゃんは、
歯やアゴだけでなく、胃や腸といった消化器官をはじめ、
からだの機能がおとろえてきますので、
ワンちゃんのからだに負担のかからない、
老犬用のペットフード
を選んで、
ワンちゃんが快適に食べられるように、
気をくばってあげてください。

いま、ペットフードは、じつにさまざまな種類のものが、
販売されています。

大きなペットショップやネット通販などをご覧になると、
こんなたくさんの種類があるのか、
こんなに細かく用途に合わせて開発されているのか、
と驚き、そして感心されるのではないかと思います。

たくさんの種類あるペットフードのなかから、
ぜひご自分のワンちゃんにぴったり合ったものを、
試行錯誤しながら、あげるようにしてあげてください。

また、ペットフードは年齢によって、分けられていますが、
小型犬、中型犬、大型犬では、
ワンちゃんが幼犬、成犬になる時期が違うので、
注意が必要です。

ペットフードはワンちゃんの体重によっても、
あげる量が異なりますので、
定期的にワンちゃんの体重を計って、
それに合ったペットフードの量をあげることも、
忘れないようにしてあげてください。

というわけで、
今回は、ワンちゃんの年齢に合った、
エサのあげ方をお送りいたしました。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ