愛犬生活

子犬のしつけをはじめたい!そんなときに、こころがけること

ボールと遊ぶ子犬  04-20-03

ワンちゃんのしつけ

ワンちゃんがおうちに来て、
すこし時間が経ち、
おうちにも飼い主さんにも慣れて、
そろそろ、ワンちゃんにしつけをはじめたい

そう思われた飼い主さんは、
ワンちゃんにしつけするときに、
どんなことに気をつけたらいいのか?

それが今回のテーマです。

どうしたら、
ワンちゃんのしつけがうまくいくのか?


1にほめる、2にほめる、
3、4もほめる、5もほめる。

といって過言ではないほど、
ほめて、伸ばしてあげることが大事なのです。

スポンサーリンク

ワンちゃんのほめ方

では、具体的にどんな具合にほめたらいいのか?

たとえば、エサをまえにして、
「待て」をしつけるときを例にしてみましょう。

ワンちゃんのまえに、ジャーキーやおやつなどを置き、
「待て」と声をかけます。

はじめは、ワンちゃんは意味がわからず、
飼い主さんの言葉に反して、
ジャーキーを食べてしまうと思います。

しかし、「待て」という言葉と同時に、
ワンちゃんの顔のまえに、
手を差し出すなどして、
ジャーキーからさえぎることなどをくり返すと、
ワンちゃんが食べるのをガマンすることがあります。

そうしたら、愛情をたっぷり込めて、
ほめてあげてください。

時間を置いたりせず、
ワンちゃんがしつけを守ったら、
その瞬間に、すぐにほめてあげることが大事です。

そうすることで、
いまやったこと(「待て」をしたこと)=ほめられること、
なのだ、という因果関係をワンちゃんが覚えます。

このようにして、
しつけを守ること=飼い主さんにほめられること=心地いいこと、
とワンちゃんにほめられる喜びを教えてあげると、
しつけを積極的に覚えようとするワンちゃんになって、
そのあとのしつけが、とても楽になります。

本当に、よくしつけを守ったときは、
言葉だけでなく、頭や背中などをなでながらほめてあげてください。

こうすることで、スキンシップも取れ、
ワンちゃんは、よりしつけを守ることをがんばろうと、
前向きになるのです。

ワンちゃんの叱り方

人を噛んでしまったり、
さわってはいけないものをいじってしまったりと、
ワンちゃんがいけないことをしたときには、
叱ることも大事です。

スポンサーリンク

そのときは、
なにがいけなかったかの因果関係がはっきり分かるように、
いけないことをしたら、すぐに怒ることが大事です。

たとえば、手を噛んだとしたら、
ワンちゃんに手の噛まれた部分を見せ、
さわってはいけないものをさわったとしたら、
そのものをワンちゃんに見せてから、
飼い主さんはワンちゃんの目をしっかりと見て、
「ダメ!」とはっきり言うことが肝心です。

叱るとき、注意しなければならないのは、
「叱る」と「怒る」とは違うということです。

噛まれたり、モノを壊されたりして、
怒りをぶつけたくなることもあるかもしれませんが、
あなたはワンちゃんの飼い主さんなのです。

ワンちゃんをおうちで飼うと決めた主なのです。

怒りではなく、愛情をもって接し、
ワンちゃんをしつけるために「叱る」、
このスタンスを、いつでも大事にしてください。

ご家族でしつけをするときは

また、ご家族でワンちゃんを飼われている場合は、
ほめるときに使う言葉(「よし」「よくやった」「グッド」など)、
叱るときに使う言葉(「ダメ」「いけない」)
をご家族のあいだで、統一するようにしてあげてください。

ご家族のあいだで、一貫性がなく、
ほめる言葉、叱る言葉が違っていると、
ワンちゃんはしつけを覚えるのに、
混乱してしまい、覚えが悪くなってしまうことがあるからです。

ワンちゃんがした、ひとつの動作に対して、
あるときはほめたのに、あるときは叱る、など、
態度を変えることもないように気をつけてあげてください。

ワンちゃんが混乱して、
しつけに対して、前向きに取り組めなくなってしまいます。

大事なのは、しつけをするまえに、
なにがよくて、なにがいけないことなのか、
ワンちゃんになにをしつけさせたいのか、
どんな言葉でしつけるのか、
飼い主さんがよく考えておき、
ご家族でおなじ態度で、しつけに取り組むことです。

参考記事:犬が家族によって態度を変える?それはなぜなのか?

ワンちゃんが楽しんで覚えられるよう、
教えることは大事ですが、
しつけのときは、遊びのときとは異なり、
短い時間で、メリハリをつける、
ということも、忘れないようにしてください。

ということで、
今回は、「ワンちゃんのしつけをするときに心がけること」
をお送りいたしました。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ