愛犬生活

犬がシャンプーを嫌がる場合の対処法

犬のシャンプーをどうするか、これは多くの飼い主さんにとって悩みどころだと思います。私の友人は「犬のシャンプーは格闘技だ」と言っています。もちろん冗談ですが、犬を飼っている方ならこの言葉にも結構納得できるのではないかと思います。ここでは、犬がシャンプーを嫌がらない方法を解説します。

頭からシャワーのお湯をかけない

頭からいきなり水やお湯をかけられたら、人間だってビックリします。まして犬にとってはシャワーのサイズは人間が感じるより遥かに大きなものです。そうしたことも配慮して、頭からシャワーをかけないようにしましょう。

かけるべき場所は背中などです。水をかけられても、毛にブロックされて敏感に感じない部分からかけていくようにしましょう。もちろん、頭も洗わないと、頭に逃げていったノミが生き残っているということもありうるので、頭も洗います。しかし、半ば手で塗りつけるような形でお湯をかけてあげるといいでしょう。

スポンサーリンク

シャワーの勢いを弱める、高さを変える

当たり前のことですが、意外とできていないことが多いです。特に勢いについては、犬が嫌がっているから早く終わらせてあげようと思うあまり、つい強くしてしまうことが多いのです。また、毛が多い犬だと全然シャンプーが流れていかないので、ますます勢いを強めてしまうものです。

しかし、犬にとってはシャワー自体が怪奇なものであり、それが強い勢いで水を放ってきたら、やはり恐怖の対象となります。シャワーの勢いは弱すぎるかもと感じるくらいにしましょう(犬の態度を見ながら判断します)。

スポンサーリンク

また、高すぎるというのもよくあることです。シャワーの位置が高いと、床から水しぶきがはじけ飛びます。これは浴場を汚すことにもつながりますし、犬に恐怖心を与えることにもつながります。

このように水がはじけ飛ばないようにするには、シャワーのヘッドを犬の体に密着させるのが一番です。こうすれば毛がふさふさしている犬でも、その奥まで水が浸透するので、洗い残しなどがなく、しっかりと流すことが出来ます。

シャワーの温度を変える

シャワーの温度も重要です。犬にとって適切な水温は人肌程度、つまり35度から38度程度です。一言でいうとぬるま湯ですが、この程度の温度を維持してシャンプーするようにしましょう。

夏だから冷たい方が喜ぶだろうとか、冬だから少しあったかくしようというのは、あくまでこの範囲内で調節するべきです。つまり、夏であれば35度、冬であれば38度と考えた方がいいでしょう。もし38度でも寒がっているような素振りを見せたら、それは風邪を引いているなど何らかの体調不良を抱えている恐れもあるので、別の注意が必要です。

無理やり押さえつけない

冒頭に書いた友人の言葉の通り、まるで格闘技のように犬をおさえつけながら、シャンプーをしている人は多いかと思います。この気持ちはよくわかりますし、私も長年そうしていたのですが、これでは返って犬がシャンプー嫌いになってしまいます。

なので無理に押さえつけないことが大事なのですが、それでは外に出ようとして暴れてしまいます。それを防ぐにはどうするかというと、まずは犬を浴槽に入れることです。浴槽はもちろん空っぽです。浴槽に入れた上で、リードで風呂場の柱や給油口などにつないでおけば、犬はそこから出ることができません。出られないとわかれば、犬はおとなしく我慢してくれます。

これは大型犬の場合は簡単に浴槽から出られるのであまり意味がないかも知れませんが、中型犬や小型犬であれば大丈夫です。犬が浴槽をひっかいて浴槽に傷がつくことも多少はありますが、犬が気持ちよくシャンプーを浴びられるようにすることを考えると、そのくらいは仕方ないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ