愛犬生活

犬が興奮して発情し始める場合の対処法

おすの犬が身構える  11-09-02

犬が興奮して困るというのは、基本的に雄犬のケースでしょう。ここでは雄犬が興奮(発情)して困る場合の対処法やしつけについて書きます。

犬が興奮する時の行動の意味

オス犬が興奮した時に取る行動は、誰が見てもはっきりとわかる「腰振り」の運動です。これは「マウンティング」といいます。

人間から見ると犬のマウンティングはまるでマスターベーションをしているように見えますが、犬のマウンティングにはそれ以外の意味も多く含まれています。単純に自己主張をしたかったり、ただのストレス解消だったり、相手より自分の地位が上であることを示す、という目的でする場合もあります。特に雄犬同士で行うマウンティングの場合はこれです。(このため、マウンティングされた犬は当然嫌がります。自分が下だと言われたわけですから)

このように色々な意味があるので、人間に対してマウンティングを行っている場合、人間に性的に興奮して行っているのではない、ということをまず理解しましょう。(これだけでも大分犬の行動に対する恐怖心が減ると思います)

スポンサーリンク

ただ、人間に対してマウンティングをしているうちに、その物理的な刺激によって性的な興奮につながるというケースもあります。放置しておくとそのような状態になってしまうため、マウンティングに対しては毅然と対処するようにしましょう。

マウンティングを辞めさせるしつけ

マウンティングを辞めさせるしつけのポイントは、

・散歩や一緒に遊んであげる時間を増やす
 (これによって、有り余ったエネルギーを解放する)
・それでもする時は叱るが、やめたらすぐに褒める
・去勢手術をする

というものです。特に劇的に効果があるのは去勢手術です。犬の子孫を残すつもりがなければ、現代の生活で犬が性欲を持ったままにしておくというのは、犬にとっても飼い主さんにとっても辛いことが多いですから、マウンティングをしようがしまいが、出来るだけ早く去勢手術をしてあげた方がいいでしょう。

また、散歩や一緒に遊んであげる時間を増やすというのも非常に重要です。現代の犬のほとんどは運動不足で、特に室内犬は本来染まっているはずの自然と隔離されているという状態なので、これもやはりフラストレーションが溜まる原因となっています。

こうしたフラストレーションを出来るだけ解消してあげれば、マウンティングをする回数はだいぶ減ります。その他の吠えるのをやめるしつけなどでも、散歩を増やすなどによるストレス解消は非常に効果的なので、ぜひ心がけていただけたらと思います。

そして、どうしても叱る場合には、マウンティングをやめたあと素早く褒めるというフォローをする必要があります。というのは、マウンティング自体は別に悪いことではなく、これを叱るのは犬にとっては理解の出来ない行動なのです。人間の世界では困った行動であっても、犬の世界では別に悪い行動ではないのです。こうした価値観の違いがあるということは常に認識しておきましょう。

なので、「マウンティングが悪いわけじゃないけど、止めたらこうやって褒めてあげるよ」ということを教えれば、犬も「ああ、こっちの方が楽しいからマウンティングは止めよう」と思うわけです。このように「楽しさ」によって犬を導くことを「ファントレーニング」といいます。

スポンサーリンク

雌犬の発情期について

雄犬の発情期に主に見られる行動はマウンティングですが、雌犬の場合は違います。雌犬の場合は、例えば「偽妊娠」という状態に陥ることがあります。これは妊娠してもいないのに、まるで仔犬がいるかのように振る舞う、というものです。

たとえばスリッパなどを仔犬と見立てて守ろうとしたり、家の中のどこかを自分の巣と見立てて守ろうとしたりします。このため、そのスリッパや場所などに人間が近づくと吠えたり噛み付いたりしてきます。(飼い主であっても同じです)

参考記事:雌犬の偽妊娠と、その対策(噛み付き防止など)

これは発情期が終わるとやむので、発情期が終わるとともに去勢手術をするのが一番の対策です。本来は母親になるための準備として必要な本能でもあるのですが、人間社会で生きていく上で、基本的に犬は去勢手術をしておいた方がいいので、出来るだけ早めにそうするようにしましょう。

去勢手術をすると太りやすくなるなどのデメリットもありますが、それは散歩量を増やしてあげればいいことですし、世の中のほとんどの飼い犬が去勢手術をしていることを考えれば、そんなに犬の体に負担をかけるものでもないと言えます(どの犬も長生きしているので)。

雌犬であっても雄犬であっても、最終的に発情に対する対応策は、去勢手術が一番ということになるでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ