愛犬生活

犬に「おいで」をおぼえさせたい!どのように教えたらいいの?

http://www.literaorb.com/common/images/longlead_3m.jpg

ワンちゃんに「おいで」をおぼえさせたい!どのように教えたらいいの?

「お手」「おすわり」「ふせ」など、
ワンちゃんのしつけには、いろいろありますが、
なかでも、もっとも大事なのが「おいで」です。

なぜなら、散歩のさいちゅうに、
リードが取れて走っていってしまったり、
ほかのワンちゃんを追いかけていったり、
クルマやバイクに向かっていってしまったとき、
「おいで」ができれば、
ワンちゃんを飼い主さんのそばに戻して、
事故を防ぐことができるからです。

ということで、今回は、
「ワンちゃんに『おいで』をおぼえさせるには」
をお送りいたします。

まずはリードをつけて、近い距離で

では、ワンちゃんに「おいで」をどのように、
おぼえさせたらいいのか?

順をおって、ご説明していきましょう。

まず、飼い主さんはワンちゃんにリードをつけて、
「まて」と言ってから、
ワンちゃんに向かい合ったまま、
後ずさりして、離れていきます。

スポンサーリンク

そして、「おいで」と声をかけるとともに、
リードを引っぱりましょう。

ワンちゃんが近づいてきたら、
飼い主さんは数歩さがって、
また、ワンちゃんから距離を離します。

これを何度かくり返して、
ワンちゃんが飼い主さんの足もとまで来たら、
「おすわり」と言って、座らせて、
「よし」と頭をなでるなどして、ほめてあげましょう。

誉めることで、
ワンちゃんが飼い主さんのそばに来ることを、
楽しいことだと思うようにしつけるのが重要です。

リードをつけたまま、距離を離す

つぎに、リードをつけたままで、
ワンちゃんを自由に遊ばせておきます。

ワンちゃんが気を抜いているときを見計らって、
「おいで」と声をかけて、リードを引っぱります。

しだいに、「おいで」と言ったあとに、
リードを引っぱるまでの時間をのばしていきましょう。

かけ声だけでも、来るようにしつける

つぎに、リードを持っていなくても、
「おいで」のかけ声で、
ワンちゃんが飼い主さんのそばに来るようにしつけます。

まず、おうちのなかなど、安全な場所で、
リードを地面に置いて、ワンちゃんと向き合ってください。

そして、「おいで」とかけ声をかけます。

ワンちゃんが来ない場合は、すぐにリードを持って、
引き寄せることを、くり返して、
じょじょに、引っぱらなくても、そばに来るようにしつけます。

もし、ワンちゃんが、「おいで」のかけ声だけで、
寄って来るようになったら、距離を離すしつけに移ります。

スポンサーリンク

遠くから呼んでも、来るようにしつける

まず、ワンちゃんにつけるリードを、
5メートルなどの長いものにしましょう。

そして、リードを握ったまま、
ワンちゃんから離れていき、
5メートルの距離離れたら、「おいで」とかけ声をかけます。

ワンちゃんが来ないようであれば、
「おいで」と言ったあとに、リードを引っぱり、
それができたら、引っぱらなくても来るようにしつけます。

もし、ワンちゃんが、
「おいで」のかけ声だけで来るようになったら、
さいごは、さらに長い距離をおいたしつけに移ります。

どこから呼んでも、来るようにしつける

まず、ワンちゃんに10メートルほどの長いリードをつけて、
「おすわり」と言って、座らせてから、
ワンちゃんから離れていき、
10メートルの距離を置きます。

そして、「おいで」と声をかけます。

もし、来ないようであれば、
さきほどとおなじように、リードを引っぱって、
来るまでおなじことをくり返します。

もし、かけ声だけで、
きちんと飼い主さんの元に来るようであれば、
これで、「おいで」のしつけは終了となります。

ということで、今回は、
「ワンちゃんに『おいで』をおぼえさる方法」
をお送りいたしました。

「お手」「おすわり」「ふせ」と比べると、
高度なしつけとなりますが、
ワンちゃんの安全を守るため必要なしつけですので、
根気よく教えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ