愛犬生活

自分のオシッコを舐める犬のしつけ

犬と散歩に行く親子
自分のおしっこを舐める犬というのは意外と多くいます。

ここではその原因としつけについて書きます。

犬がおしっこを舐める原因は?

■ストレスが溜まっている
人間でもそうですが、ストレスが溜まると犬も普通ではない行動を取るようになります。

一番よく見られるのは、物をやたら噛み砕いたり、ビリビリに破いたり、室外犬であればひたすら穴を掘り続けたり、というような行動が見られます。

その変則的なものとして、自分のおしっこを舐めるという行動もあるわけです。

(人間でも、認知症や精神疾患などを患うと、自分の排泄物に対して過度の関心を示すという症例がよく見られます。犬にもそれがあると言っていいでしょう)

■免疫力向上のため
上に書いたのはマイナスの原因ですが、実は犬がおしっこを舐めるのにはプラスの理由も多くあります。

その一つが免疫力向上のため、というものです。

おしっこには色々な雑菌が含まれていますが、これにはいわゆる善玉菌もあります。

このような善玉菌を体の中に入れておくと、それが悪玉菌を退治してくれるので体の抵抗力が高まるのです。

スポンサーリンク

実際、人間でも過度に清潔な人々はこの善玉菌が存在せず抵抗力が低いため、ちょっとしたことでも病気になってしまうことがあります。

特に清潔な環境で育っている室内犬の場合はそうなりやすいので、それを防ぐためにあえて自分でおしっこを舐めたりしているわけです。

■栄養補給のため
さらに、善玉菌だけではなく栄養を補給するためにおしっこを舐めているということもあります。

これは犬の食糞行動にも言えることですが、犬の排泄物には普通の食事には含まれない酵素が含まれていることも多いのです。

酵素は代謝や消化に役立つ物質で、これがなければ生物は活動をすることが出来ません。

ペットとしての犬の食事は、本来の自然界の犬の食事からかなりかけ離れています。

なので、まだ人間の研究が及んでいない範囲で、犬だけが知っている栄養が排泄物に含まれているということも沢山あるわけです。

ドッグフードにはない栄養をおしっこなどから補給しようとしたとしても、それは悪いことではなくむしろいいことであると言えます。

■ペットシートに興味を示している
実はおしっこではなくペットシートに興味を示しているというケースも考えられます。

もちろん、それだったらおしっこをしていない状態のペットシートも舐めるはずなのですが、おしっこをした後に、ペットシートの香りと混ざり合った状態が好き、などのマニアックな好みを持っている可能性があります。

(犬は人間が思っている以上に文化的で、それぞれの性格や好みというのもバラバラであるため、犬がこのような「趣味」を持っていたとしてもおかしくはありません)

スポンサーリンク

犬がおしっこを舐めるのを止めさせるしつけ

上のように、まじめな理由(いい理由)もあることはわかったものの、「おしっこを舐めた口で人間の顔を舐められたりするとやっぱり…」ということがあるでしょう。

実際、衛生上もこれは問題があります。なので、しつけや対処法を、上の原因別に書いていきます。

■ストレスが溜まっている
これは言うまでもなく、散歩や運動などをしっかりしてあげて、ストレスを解消する必要があります。

また、これらのことがしっかり出来ていたとしても住む環境によってはストレスが溜まってしまっていることもあります(常に騒音にさらされている環境など)。

また、ケガや病気などの体調不良によってフラストレーションが溜まっているということも考えられます。

このような場合は、他で行動がおかしいなどの兆候が見られますから、気づいた時はすぐに動物病院に連れていくようにしましょう。

■免疫力向上、栄養補給のため
これについては、犬にとってプラスもあるため、辞めさせるべきかどうか迷うところです。

これによって犬が健康になるのであれば、たまにはいいかと思います。

なので、毎日はやらないように「回数を減らさせる」というようなしつけにしましょう。

このために効果的なのは、ペットシートにビターアップルのスプレーをかけるということです。

これは犬が嫌がる香りのスプレーですが、おしっこをした後にこれをシートにかければ、もうそのシートには興味を示さなくなるでしょう。

健康上犬が舐めることが必要であるのであれば、たまにかけないようにして、舐めるチャンスも作ってあげればいいかと思います。

ただ、この場合はその後で犬が人の顔を舐めるなどの行動に注意しましょう。

■ペットシートに興味を示している
この場合は、ペットシートにメッシュカバーをかけるのが有効です。簡単に言うと金網のようなものです(素材は違いますが)。

これがあれば、この金網が邪魔になって下のペットシートに触れることが出来ないので、舐めることも破いたりすることも出来ません。

おしっこの後に洗う必要はありますが、かぶせるだけなので非常に簡単な対策です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ