愛犬生活

首輪装着時の噛み付きを防止するアイテム&しつけ

普段は噛み付いたりしないのに、首輪をつけようとすると嫌がって噛み付く、という犬も少なからずいます。

ここではそのような犬が首輪を嫌がらないようにするための工夫を書きます。

装着が楽な首輪を使う

首輪をつける時にモタモタしていると、犬にとっては不快です。

特に最初きつい状態でしめられて、そこから調節するのにモタモタされると、犬としては「早くしてくれ!」という気分になるのも致し方ないことでしょう。

なので、犬が嫌がる前にさっと装着して何事もなかったかのように終わりにできる、そんな首輪を選ぶことをおすすめします。

例えば留め具がプラスチックになっているタイプだと、簡単に装着が出来ます。

これは、リュックサックなどのバンドについている、あのプラスチックの留め具です。

「カチリ」という音がしてつながるものです。

これで首輪の輪っかをつくり、リュックサックのバンドの長さを調節する時と同じ要領で首輪の太さを調節します。

こうして、犬に装着する前にサイズをあわせておいて、犬に装着する時には「パチン」とやるだけでいいのです。

犬にとっては「何が起きたのかわからないうちに終わっています。

こういうタイプの首輪は布製で、装着している時の違和感も少ないので、つけられた後も犬が嫌がることはほとんどありません。

なので、おすすめの首輪と言えます。

スポンサーリンク

ご褒美を与えながらつける

これも王道の手段ですが、犬が嫌がる何かを我慢してもらうためには、ご褒美を与えながらやるというのが一番効果的です。

ご褒美がもらえるならと犬も我慢しますし、そもそもおやつに夢中になっていて気が付かないということもあります。

上に書いたタイプの首輪であれば、犬が床に落ちているおやつを食べているうちに後ろから近づいて、そっと装着することもできます。なのでこの方法はとても効果的です。

ただ、注意しておかないといけないのは、食事中に近づくと噛んでしまうタイプの犬の場合、この方法は使えないということです。

逆に噛み付かれる危険性が高くなります。

そうした犬の場合は装着を先にして、それからご褒美としてエサをあたえるようにしましょう。

なお、犬が上を向くような方向からエサを与えると、犬の首にすきが出来るので、装着しやすくなります。

これは誰かにエサをあげる係を手伝ってもらうといいでしょう。

使ってはいけないタイプの首輪

上の首輪とは逆に、使ってはいけないタイプの首輪もあります。それぞれ紹介します。

・スパイクカラー
これは金属でできた首輪ですが、スパイクという名前の通り、首輪の内側に向かって金属の突起があります。少しこわい表現をすると、犬の首に向かって針が生えているようなデザインです。

これは当然、犬の首に食い込んで痛いので、犬を首輪嫌いにしてしまいます。

このようなタイプの首輪は絶対にやめましょう。

そもそもスパイクカラーに何の意味があるのか、管理人は理解に苦しみます。

パンクファッションが好きな人が、犬にも同じような格好をさせるためにつけている、というような感じがします。犬にとって間違いなくメリットのない首輪(そもそも首輪そのものを犬は嫌がりますが)なので、これは全くおすすめできません。

・チョークチェーン
これも鎖の首輪ですが、主にトレーナーの方が使うものです。

鎖が投げ縄のように、輪っかが広がったり締まったりするもので、トレーナーの方が犬を自分の指示に従わせるために効果的と言われています。

ただ、素人がこれを使うと投げ縄の要領で犬の首がしまってしまう恐れがあるので危険です。

なので、これも使用するのは避けるようにしましょう。また、金属という点でもやはり犬にとっては不快なものです。

何らかのトレーニングで、厳しい環境にいても平気な犬のための首輪ですから、一般家庭では使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ