愛犬生活

犬が何度も吐いてしまって心配!どんな原因が考えられるか?

具合が悪い犬

ワンちゃんがくり返し吐いてしまう!

ワンちゃんがとつぜん吐いてしまい、
おどろいてしまわれた経験
のある飼い主さんも、
少なくないのではないでしょうか?

ワンちゃんは食べすぎたときに、
吐くことで、胃や腸を回復する、という性質があります。

なので、一度、吐いたら、
いままでどおりに元気になった、というのであれば、
気にする必要はありませんが、
何度も、くり返して吐くようであれば、
原因をつきとめて、処置しなければ、
命の危険にかかわることも出てきます。

というわけで、今回は、
「ワンちゃんがくり返し吐いてしまうとき、
どんな原因が考えられるか?」
をお送りします。

ワンちゃんが吐いてしまうとき、考えられる原因

まず、ワンちゃんがエサを食べたあと、
すぐに、吐いてしまった。

このようなときは、胃に異常がある可能性がたかく、
胃炎や食中毒であることが疑われます。

スポンサーリンク

つぎに、ワンちゃんがエサを食べたあと、
数時間たってから、吐いてしまった。

このような場合は、胃よりもっと先の、
十二指腸に炎症を起きていたり、
潰瘍ができていること
が、もっとも可能性が高いのです。

ですが、ときたま、胃捻転であることも考えられます。

胃捻転のときは、吐くだけでなく、
呼吸が荒くなったり、
あまりの痛みに動けなくなったりと、
吐く以外の症状もあらわれます。

胃捻転は、ほうっておくと命にかかわりますので、
嘔吐、呼吸の荒らさ、痛みで動けない、
これらの症状があらわれたときは、
早急にお医者さんに連れていき、
手術をする必要があります。

つぎに、ワンちゃんがエサを食べてから、
半日ぐらい経ってから吐いてしまった、
また、吐いたものから、うんちのにおいがする場合。

そのようなときは、腸閉塞の可能性が高いと考えられます。

ワンちゃんの腸がねじれてしまっていて、
食べものが、そのさきに流れていかないため、
逆流してきて、口から吐いてしまうのです。

いったん腸まで流れていったものが逆流してきて、
口から吐いているため、うんちのにおいがするのです。

腸閉塞は命の危険をともなうため、
すぐに、お医者さんに連れていってあげてください。

スポンサーリンク

つぎに、ワンちゃんが短いサイクルで、何度も吐く場合。

薬物などによる中毒の可能性が、高いと考えられます。

おうちに、殺虫剤や農薬などの化学薬品を置いていないか、
置いている場合、それらの置き場所を、
ワンちゃんがいじった形跡がないか、調べて、
飲んだ形跡があれば、
原因の薬品を持って、お医者さんに向かってください。

また、このような吐き方をするときは、
化学薬品以外にも、
野球のボールや、ゴルフボール、
釣り用のオモリを飲みことも考えられますので、
それらの保管場所や数を調べて、
ワンちゃんが飲み込んだ形跡がないか、
調べる必要があります。

つぎに、ワンちゃんが吐くとともに、熱がある場合。

寄生虫や細菌、ウィルスなどによる、
感染症にかかっている可能性が高いと考えられます。

これらに感染すると、
吐くだけなく、下痢をすることも多く、
脱水症状になることがあるので、

早急にお医者さんに連れていってあげましょう。

さいごに、何も食べていないのに、
ワンちゃんが吐きつづける場合。

これは、空嘔吐(からおうと)といい、
もっとも危険な症状です。

肝炎や腎炎、すい炎、子宮蓄膿症といった、
命にかかわる内臓の病気を患っている可能性が高いのです。

ただちに、お医者さんに連れていき、
症状を伝える必要があります。

ワンちゃんを介抱するときに気をつけること

また、ワンちゃんが何度もくり返して、吐いて、
飼い主さんがそれを介抱してあげるとき
気をつけてあげなければならないことがあります。

これは、人間の場合とおなじなのですが、
吐いたものが、気管や鼻につまって、
窒息死してしまうことがあるのです。

そうならないように、
ワンちゃんを「フセ」の姿勢にさせて、
吐いたもの、また口になかにあるものが、
気管にはいりこまないように、
注意してあげてください。

吐いたものが、鼻からはいってしまうこともあるので、
鼻の穴がつまってないか、
しっかり確認してあげることも大事です。

というわけで、今回は、
「ワンちゃんがくり返して吐いてしまうときに、
疑われる病気と対処法」
をお送りいたしました。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ