愛犬生活

犬にワクチンを接種させたい!どんなワクチンの種類があるの?

 ワクチン接種

ワンちゃんにワクチンを接種させたい!どんな種類があるの?

ワンちゃんを飼いはじめたばかりの飼い主さんは、
すでにワンちゃんを飼われている飼い主さんから聞いたり、
保健所からの連絡によって、
ワンちゃんにワクチンを接種させなければならない、
ということは、なんとなく分かっていても、
なぜワクチンを接種させなければならないのか?
具体的に、どんなワクチンがあるのか?
ご存じないかたも、少なくないようです。

というわけで、今回は、
「ワンちゃんのワクチンにはどんな種類があるのか?
どのワクチンを接種させたらいいのか?」

をお送りします。

ワンちゃんにワクチンを接種させる理由

では、まず、
なぜワンちゃんにワクチンを接種させないとならないか?
についてですが、

一言でいうと、ワンちゃんがかかりやすい伝染病を防ぐたために、
接種させるのです。

スポンサーリンク

ワクチンを接種させないまま、
ワンちゃんを散歩に連れていくと、
ほかのワンちゃんと接触することで、
伝染病に感染してしまう可能性が高まります。

なので、ワンちゃんを散歩に連れていくまえの、
子どものうちに、ワクチンを接種させておく必要があるのです。

ワンちゃんに接種させるワクチンの種類

では、具体的にどんなワクチンを接種すればいいか?
についてですが、
現在、ワンちゃんに接種させるのは、
「混合ワクチン」というものが主流になっています。

「混合ワクチン」とは、どういうものかというと、
ある伝染病の効果のあるワクチンを数種類あわせて、
一度に接種させられるようにしたワクチンで、
現在、「5種混合タイプ」「7種混合タイプ」
「8種混合タイプ」「9種混合タイプ」
の4つが主流になっていて、
飼い主さんが、ご自分のワンちゃんに合わせて、
選ぶことになります。

では、具体的に、どんな種類の伝染病のワクチンがあるのか?

順をおって、ご説明していきましょう。

ワンちゃんのかかる伝染病

まず、もっとも有名な「ジステンパー」のワクチン。

ジステンパーは高熱が出て、ほうっておくと、
ワンちゃんの神経が侵されてしまいます。

スポンサーリンク

伝染力がとても強く、死に至ることも多い、怖い伝染病です。

つぎに、「伝染性肝炎」のワクチン。

伝染性肝炎は、子どものワンちゃんがよくかかる伝染病で、
発熱、下痢、嘔吐などの症状があらわれます。
こちらも、ほうっておくと、死に至る怖い病気です。

つぎに、「パルボウイルス感染症」のワクチン。

パルボウイルス感染症は、
呼吸困難をともなう「心筋型」と、
激しい下痢や嘔吐をする「腸炎型」があります。
こちらも、ほうっておくと、死に至ります。

つぎに、「パラインフルエンザ」のワクチン。

パラインフルエンザは、鼻水が出はじめ、
やがて発熱をともなうようになります。
せきをしたり、たんを吐いたりし、
呼吸器に重い症状があらわれる伝染病です。

つぎに、「ケンネルコフ」のワクチン。

ケンネルコフも、鼻水が出はじめ、
やがて発熱をともない、
せきなど呼吸器に症状の出る伝染病です。

ここまでの5つの伝染病を予防するのが、
「5種混合タイプ」のワクチンです。

これに、発熱、嘔吐、黄疸などの症状が出て、
人間にも感染する伝染病である、
「レプトスピラ症」の、
「カニコーラ型」「コペンハーゲニー型」
の、
2つのワクチンを加えたものを、
「7種混合タイプ」といいます。

これに、伝染力がきわめて高く、
嘔吐、下痢をともなう、
「犬コロナウイルス感染症」のワクチンを加えたものを、
「8種混合タイプ」

さらに、「レプトスピラ症」の、
「ヘブドマティス型」
のワクチンを加えたものを、
「9種混合タイプ」といいます。

ワンちゃんにどのワクチンを接種させるか

どの混合ワクチンにするか選ぶときは、
ワンちゃんの過ごしている環境を、よく考えてあげてください。

おうちのなかから一切出さない場合は、
5種混合タイプでだいじょうぶですが、
散歩で、外に連れていくようであれば、
7種混合タイプ以上を接種すべきでしょう。

混合ワクチンは「狂犬病」のワクチンと違って、
保健所からの接種義務の連絡はありませんが、
ワンちゃんの健康を守るためには、
ぜひ接種させてあげてください。

というわけで、今回は、
「ワンちゃんに接種させるワクチンの種類と、その伝染病の症状」
をお送りいたしました。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ