愛犬生活

犬は暑さに弱い!熱中症対策はどうしたらいいの?

暑くて休憩する犬

ワンちゃんは暑さに弱い!熱中症対策はどうしたらいいの?

突然ですが、ワンちゃんは汗をかくと思いますか?

答えは、イエスです。

しかし、肉球からのみで、からだからは汗をかかず、
その代わりに、パンティングという、
あのワンちゃん独特の、舌を出して、ハアハアと息をすることで、
唾液を気化させて、体温をさげます。

ですが、人間のようにうまく体温調節はできず、
高温多湿の日本の夏は、得意ではありません。

なので、夏場は飼い主さんが、
熱中症や日射病の対策をしてあげる必要があるのです。

というわけで、今回は、
「夏場のワンちゃんの熱中症、日射病対策はどうすればいいのか?」
をお送りいたします。

おうちのなかでワンちゃんを飼っている場合

では、具体的にどのように対策したらいいのか?

まず、ワンちゃんをおうちのなかで飼われている場合。

おうちのなかでも、直射日光があたると、
お部屋の温度があがるので、
エアコンで、温度調節をしてあげましょう。

設定温度は、下げすぎないよう気をつけて、
ワンちゃんが冷えすぎないようにしてあげてください。

スポンサーリンク

また、窓からはいってくる直射日光は、
すだれで遮ると、防ぐことができるので、
窓にすだれをかけてあげるといいでしょう。

ワンちゃんが暑がりのときは、
保冷剤やクールマットを用意してあげてもよいです。

保冷剤やクールマットは、
ワンちゃんのケージの傍に置いておいてあげると、
暑いとき、じぶんでそのうえに乗って、
体温を下げ、寒くなったら、
そこから離れるといったように、
ワンちゃんのペースで、からだを冷やすことができる、
大きな利点があるのです。

また、部屋を締め切らずに、
ワンちゃんがほかの部屋に、
移動できるようにしてあげることも大事です。

飼い主さんには、
ワンちゃんの本当に快適な温度はわからないので、
こうすることで、ワンちゃんが、
じぶんに快適な温度の部屋で、
過ごすことができるようになるのです。

スポンサーリンク

外でワンちゃんを飼っている場合

つぎに、ワンちゃんを外で飼われている場合です。

外でワンちゃんを飼っていると、
犬小屋に直射日光があたって、
小屋のなかの温度があがってしまいがちです。


このようなときは、
すだれなどを用意して、小屋に立てかけてあげると、
日差しが弱まって、小屋のなかの温度の上昇を、
おさえてあげることができるのです。

また、犬小屋のなかに、敷物を敷かれている場合は、
敷物が湿っていないかよく確かめて、
湿っているようであれば、
取り替えるようにしてあげてください。

湿った敷物は、雑菌が繁殖しやすく、
ワンちゃんが病気になる恐れがあるからです。

また、犬小屋のなかや前に、すのこを敷いてあげると、
通気性がよくなって、
ワンちゃんが寝転んで、涼むことができるとともに、
雑菌を防ぐこともできます。

それでも、日差しが強く、
犬小屋のまわりが暑いようであれば、
犬小屋のまわりの打ち水をしてあげてください。

こうすることで、犬小屋の温度が下がって、
ワンちゃんが快適に過ごすことができるのです。

暑い季節のワンちゃんの散歩

つぎに、暑い季節の散歩についてですが、
太陽が照りつけている時間は、
地面が熱くなっていて、足のうらをヤケドする危険や、
日射病になってしまう可能性もあります。

朝や夕方など、日差しの弱い時間に、
連れていってあげるようにしてください。

また、暑い時期の散歩の最中は、
あまりハードな運動はさせないようにこころがけて、
水筒などを用意して、水分を補給させてあげて、
熱中病対策してあげるようにしてあげましょう。

ということで、今回は、
「暑い季節のワンちゃんの熱中症、日射病対策」
をお送りいたしました。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ